読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「好き」の片付け

K-POPから卒業のカウントダウン

'17 JAPAN CONCERT Say the name #SEVENTEEN@横浜アリーナ

こうして記録しておくのは久しぶりです。

ペースを落としながらも、ほどほどにライブに足を運んでますが、Kポ卒業!と言いつつも、このままライブに行き続けるのかもと思うような、でも行っても行かなくてもどっちでもいいような気もする、2016年はそんなK-POPライフでした。
ただ、セブチの日本での1stコンサートを見れなかったというやり残した感がありました。
12月のPremium Movieで2ndコンサートの告知があって、思いの外早い2回目の開催への驚きと、スケジュールやハコに戸惑いつつも、よっしゃ!取り返したるで!的な気持ちで17YEARを迎えました。

ワクワクしすぎて、「ハードル上げすぎた」とかガックリうなだれることになったらどうしよう…そしたら卒業しやすくなってよかったってことにしよう!というシミュレーションまで万全で見た、横アリ2公演。


グッズに興味のない私が並んでみたんだけど、軽い気持ちで挑んだ自分を呪ったね!強風吹きすさぶ中、公演時間以上並びました。
ペンライトは、最近(?)みんなこういうでっかいのばっかりだね~。

公演時間は、2時間半弱と言ったところ。
昨今のライブの公演時間を、私は長すぎると感じているので(集中力的に)、このくらいの尺はとてもよかった。(若干物足りないくらいがいい)
ただ、次回以降、長くなるでしょうね。

セットは、なんと言ってもムービングステージあざーす!
個人的な好みとして、花道やら外周やらトロッコやらで移動してる時間が長いコンサートはつまらないと感じるんだけど(ドームみたいな広い会場は仕方ないとはいえ)、だからと言って、横アリ規模の会場でメインステージオンリーというのはもっとつまらない。
ムビステなら、後方の席にも近づいてくれて、「私はこの曲の振り付けがガッツリ見たかったのに、なんでお手降りタイムなの?」ってことも最小限。セブチは、ムビステの上でもメイン同様、高さや揺れのことをまったく感じさせないで踊ってくれました。
いっそのこと、センターステージで360度座席でもおもしろいかもね。セブチのダンスは全方位どこから見ても楽しめるから。(演出が限られてくるけど)

最近はどのコンサートに行っても照明がカッコいいと思うけど、今回はカッコいいともあまり思わなかったし、邪魔に感じることもあった。
チームごとの繋ぎの映像はよかったけど、曲のバックに使ってる映像もうるさく感じたかなぁ。

衣装は、これ最悪!と思うようなものもなければ、これ最高!ってものもなかったような…。1stコンサートの衣装の方が全体的に好きかな~。
ただし、パフォチコーナーのジュンフィにチョーカーをあてがってくれたことへのご恩は一生忘れません。
ヘアメイクは、日本仕様(メイク薄めで!)にしてもらいたい。

セットリストは、よかったけど、「Shining Diamond」が3曲目っていうのはちょっともったいなく感じる。アンコールの1曲目とかいいと思うんだけどな~。(セブチちゃんたちのハードさを顧みず)
ヒポチ→パフォチ→ボカチの流れで、間に「떠내려가」、「이놈의 인기」を挟みながらの構成はすごく好き。

チーム別のパフォーマンスは、ボカチめちゃくちゃよかった!
「20」に日本語の歌詞をつけてくれたのは嬉しかったし、「몰래 듣지 마요」は鳥肌モノ。特に、ドギョム、スングァン、ウジくんが素晴らしかった。
私は踊りを見るのが好きだから、パフォチのセクションが一番楽しみだったし、実際、うぉぉぉ~!ってなったけど、ボカチに対しては、そういう期待をしてなかった分、さらにガツンときた感じ。

パフォチは、「WHO」も「HIGHLIGHT」も悶絶級のかっこよさ!(いずれ「HIGHLIGHT」13人バージョンも見たい!)
全員で踊ってると、自然と目が行くのはホシくんとウジくん(ウジくんはダンスも超絶カッコいい)ってことが多くて、パフォチ4人だとやっと満遍なく見られる。ジュンフィの華麗なダンスも、ディノくんのキレッキレダンスも、ミンハオの軽やかなダンスも、ホシくんのどこを切り取っても美しい流れるようなダンスも、みんな好き。

ヒポチについては、バーノンのラップスタイルは見てて楽しいとは思うんだけど、普段からヒップホップを聴くってことがないし、言葉がわからないし(ヒップホップは韻や言葉遊びにおもしろさがあるんだろうから)、どこにおもしろさを見出だすか、自分サイドの問題点をどうにかしていきたい所存。
誰かビートボックスを習得したりなんてことがあれば、めちゃくちゃ食い付きそうではあります。

MCは、日本語頑張ってましたが、まだまだ。
これは仕方ないし、日本語で丸暗記のセリフ的なことを言うくらいなら、韓国語で自分の言いたいことを話してくれる方が何倍もいいです。2日目のウジくんみたいに。
でも、日本の流行りモノを取り入れてくれたりして、楽しませてくれました。
ドギョムの「ウィーアー!」は、トンペン的にアガりました。
目立つ子や面白い子もいれば、そうじゃない子もいて、私はそうじゃない子に注目しがちなんだけど(笑)、そういう子が時間が経つにつれどう変わっていくのか、今後はそれも楽しみです。

私が一番楽しみにしていた、セブチの生のパフォーマンスですが、まず、思ってた以上に歌もダンスもみんな上手いことに驚きました。
でも、何よりも、そこに雑音がないのがセブチの素晴らしさだと感じました。
13人もいたら、誰かがどこかで気を抜いたり、自己アピールをおっぱじめたりしそうなものだけど、そういう見ていて目障りになることがなくて、この1曲のために、一人一人がするべきことをしている感じ。全力で。
コンサートの尺が2時間半くらいで収まるのは、曲数をやってないからではなく、元々1曲が長くない(活動曲なんかはフルサイズで3分くらいだったような)ということもあるからで、この辺はテレビサイズを意識してのことかもしれないけど、全力で踊れる長さにもなってると思います。ライブの場合、それが続きますけども(笑)
歌上手い!とか、ダンス揃ってる!っていうことにはもちろん感動するし、難しいフォーメーションを、そう感じさせないくらい積み重ねてきたものがあるんだなというところへの感動もあるけれど、私はこの1曲に込めるものが見える時に一番心を揺さぶられるなぁと改めて思ったのでした。

横アリは、スタンドにも立ち見が入って(アリーナの立ち見は2列)ギッシリ。
若いお嬢さんでいっぱいの中、いたたまれない気持ちの私に、内心「なんでこんなオバサンがここにいるのだろう?」と思ってるでしょうが、Premium Movieの時ペンライトを貸してくれたり、今回は銀テを分けてくれたりと、CARATちゃんはええ子ばかりやで!とセブチちゃんにお伝えしたい。

セブチたちはもちろん、周りのオトナたちも手応えを感じているであろう今回のツアー。
最後の挨拶のクプスくんやウォヌくんの口ぶりからしても、年内また来てくれそうですね。
てことで、次はたまアリセンターステージかな~。


Kポ卒業ですが、セブチをもう少し見たい欲が芽生えてしまったので、卒業はすぐには無理かも…。
ただ、セブチ以外を手放すのは簡単になったような気がする。
さて、あとの問題(?)は、東方神起
戻ってきてからのライブが待ち遠しい。

SMTOWN LIVE TOUR Ⅴ IN JAPAN ライブ・ビューイング

8月14日、SMTのライブビューイングに行ってきました。

東方神起がいないので、現場はお休みしようと初めから決めてましたが、生はどんなに楽しかろうかとウズウズしながらの鑑賞でした。(ライブの臨場感が伝わるカメラワークではなかったので、そういう意味も込めて)


各グループ(アーティスト)ごとに感想!

NCT
ルーキーズで挨拶してたユウタくんがNCTとしてご挨拶。
ついにSMから日本人メンバーがデビューというのは喜ばしいことだし、できれば応援したいけど、なんていうんですかねぇ…そっちから求められてない(笑)
おばちゃん、ムリして応援してくれなくて大丈夫ですんで!っていうメッセージをビシビシと感じます。
ソバンチャ」の振り付けおもしろい!

Red Velvet
レドベルと言えば、SMTで初めて「Happiness」を歌った時の♪Shine on me~のウェンディちゃんが強烈だったなぁ、ジョイちゃんがマンネマンネしてて可愛かったなぁ…という時が止まったままのワタクシ、いまだに5人に慣れてない(笑)
小道具(腕にパチンとするやつ)のない「ダムダム」なんて。

EXO
カイくんは怪我?残念…。
レイくんに一際大きな歓声。
推しメンというわけではないけど、EXOを見るとレイくんばっかり見ちゃう。
私が今のEXOもいいと思えるのは、レイくんがいるからと言っても過言ではないかも。

f(x)
SMTって、ソロで曲を出してることを別として、今回はこの子推します!って感じの偏った出番を与える場で(笑)、今回それはルナちゃんかな。ルナちゃんの良さは出てました。
エンバはいろんな意味で安定してます。

SHINee
SMTを見た人が必ず「SHINeeはいいね!」と言う伝説継続中のシャイニ。
今回もシャイニならではの一生懸命を通り越した必死さ溢れるステージでした。高校野球見てるかのような、気持ちが洗われる感じ。
唯一、衣装っていうかビジュアルコンセプトっていうか、りゅうちぇるが混ざっても違和感ない感じのアレが好きじゃないんだよな~。

少女時代
多くのイケメンを擁するSMT。
でも、一番目の保養だと感じるのはソシを見てる時です!
スヨンちゃん、ヒョヨン、ユリのあややは、可愛いけどすごく子供っぽく感じた。日本の曲をカバーするならするで、バチッと合いそうなのが他にあるような気がするな~。

SUPER JUNIOR(+ヘンリー チョウミ)
トゥギ、レラ様、イェソン、リョウク、ギュ…5人?人数が少なくても、スジュのガチャガチャした雰囲気がまったく薄れないのは素晴らしい。すごーい!(キュヒョンさん風)よし!(リョウクさん風)
けれども!このスキに、ヘンリーとチョウミが混ざっちゃダメかしら(笑)

  • Mの曲があったのは一昨年だっけ?あの時は楽しかった…。

ライブ中に男子が髪型を変えるって言っても、前髪上げるとか下げるとかくらいのものと思ってたけど、ヒニムがぐるんぐるんのちサラッサラで現れたのには驚きと爆笑。

BoA
どストライクないいステージでした。タイトなジーンズにねじ込んでいかないとね(笑)
「Only One」のカップルダンスはテミンちゃん。相手はユノもいいけど、おセフンが好きかな~。

カンタ
カンちゃんは女の子と歌ってないで、早く奥の手出したらいいと思うの。
そう!「SCANDAL」をやるべき!!
まずはユノさんとね!

J-minちゃん、東京には来れなかったんだね。

オープニングの演出がなかなか良さそうでした。
でも、箱モノ(ソシサイズなのかな?EXOが入ると窮屈そう・笑)とか金網とかの演出はいかがなもんかしら。

ヘンリーまでボンッ!って感じだった…。メンズのみなさん、体鍛えるのもほどほどに。

イスマン先生の横にヨン様っていう画ヅラ。そりゃザワつくわ(笑)

XIA(ジュンス) 2016 XIA 5th ASIA TOUR CONCERT IN JAPAN `XIGNATURE´

7月5日、ジュンちゃんの横アリでのライブに行ってきました。
ジュンちゃんのライブは、東京近郊(行ければ複数回)&名古屋の二本立てを基本としてきたのに、今回のツアーはこの一回きり。

ジュンちゃんは素晴らしかったです。
コンディションが良さそうで、声がよく出てたし、ダンスは最後までキレッキレで、腕がほんとに美しい。
メインステージから花道が伸びてセンターステージがあるという形のステージ構成で、客席は360度入れてました。
SS席はたぶんセンター44列までかな。
私は、これがステージや花道付近の希少なお席かよ!なSS席でしたが、ケツ見席を見たら、うっかり「ま、いいか」と思ってしまいました。全然よくないです。
ケツ見席のみなさんは楽しそうではありましたが、あそこの席っていうのは承知の上じゃないんだよね?
セットは、上下するキューブ型のモニターが何個だったかな?があるくらい。
照明がめちゃくちゃカッコいい!
衣装はあんまり好きなのなかった。ジュンちゃんは白シャツ(ノースリーブで!)黒ネクタイ黒パンツ的なのが似合うと思うけどな~。

今回のアルバムはかなり好みで、いくつかライブで聴けるのが楽しみだった曲があったけど、その内のひとつ「FUNドライブ」はセトリに入ってませんでした…。
「イェッポ」は、まさかあんなセクシーなダンスを付けてくるとは思わなかった。
ジュンちゃんが「同じバラードでも、それぞれニュアンスの違いがあって、それを感じ取ってもらえたか?」というようなことを話していて、まさに私が楽しみにしていたのはそれだったんだけど、ぽ~っとしすぎてどうだったかわからないや。「もちろんだよ!」的にイェーイ!とか言いましたけど。
繋ぎ映像の「ジュンスの軌跡ラップ」(笑)みたいなやつの♪XIA XIA XIAは、ジュンちゃんのあの振りが見たかった~!
今回のアルバム以外の曲のセレクトもよかったけど、これに「OeO」があったら最強!
「Flower」の最後のジュンちゃんの顔がカッコよすぎる。


ジュンちゃんの歌、パフォーマンスが大好きだと改めて気付かされたライブでした。
私が好きなのはジュンちゃんの歌とパフォーマンスなんだな~と。
大事なことなので2回言いました風になりましたが、ジュンちゃんに限ったことではないけど、私がライブに求めるものはそれだけだということを再確認できたと言うか。
はっきりきっぱり言うと、ジニーが好きじゃないってことです(笑)

最初はジュンちゃんがジニーで5人神起の歌を歌わされてるのがイヤなんだと思ってた。
また5人神起の曲リクエストされるのかな?って、私がビクビクしてた。(5人のファンだけど)
まぁ、そのブームも落ち着いてきて(?)、オカシな方向へ…もとい、工夫を凝らしたお願いをするようになってきてるのかなと感じますが、それでもやっぱり楽しくない(笑)
今回かなりの尺取ってて、あれだけの時間あったら、あと何曲歌えるか…と思っちゃう。(ジニーで歌う曲はカウントしません)

ジュンちゃんはジニーを自分のライブに欠かせないものだと思ってるようだし、ファンのみなさんもきっと楽しみにしてるんでしょうし、私もジニーがなければいいのに!とは思ってない。
あくまでも自分の受け取り方の問題なので、それなら、ライブに行くのをやめるか、ジニーを受け入れるかのどちらかを選ぶしかないのでしょう。

…ジニーを受け入れるしかないよね!(笑)ライブ見たいもん。

そうは言っても、あの時間がツラいことに変わりはないので、折衷案。
今後は1ツアー1公演だけ見る。(卒業はどうした!っていうことはとりあえず置いといて)
今回の公演がそうだったけど、単純にジニーを1回しか体験しなくていいし(笑)、この公演だけと思えば、「うわ~!こんなジュンちゃんも見られるなんて、お得!」とか言うかもしれないしね。ないわ!

2PM ARENA TOUR 2016 "GALAXY OF 2PM" ライブビューイング

ぴえむちゃんのライビュの感想!のその前に。

ユチョの事件、今のところ、情報をただ情報として受け取る努力をしてますが、なかなかキツイものがあります。
どこに着地することになるんでしょうか。


6月18日、2PMの「GALAXY OF 2PM」ツアー最終日のライブビューイングを見てきました。

今回のツアーは代々木で2回見ましたが、今回のツアーは、なんといってもニックンでしょう!
ご本人も「日本語頑張った」と仰ってましたが、メンバーがワイワイ盛り上がる中、ただニコニコしてる担当のニックンが会話に入ってきたり、最後の挨拶でちょっと気の利いたトークかましたり、何度目頭を押さえたことか。歌も頑張ってた!

最近はテクさんの曲が好き。今回のアルバムもテク曲がイイです。

ソロの曲をバトンタッチ式で二人ずつメドレーにしたやつはおもしろかったな。
ただ、その上にユニット曲があるしで、6人でガッツリ!の分量が少なく感じてしまった。
きっとドームでは6人でガッツリに違いないので、仕方ないと思うことにします。
あと、やっぱり最後まで本編ラストが「50 50」なのはしっくりこなかったな~。
それと、曲の繋ぎがあまりよくない。これ、毎回思ってるかも。

2PMは、MCがめっちゃおもしろくて、あれが日本語で成り立ってるところに感動すらする。

ライビュには、細かい所を見れたり(ジュノくんのほっぺのデキモノとか・笑)、ニックンのウィンクを浴びたり、良いところはあるけど、今回、寄りの映像が多くて、コンサートを体感するのとは程遠かった。
ただ、みんなライビュをきちんと意識してくれてたので、放っておかれ感はなかったです。

そして、祝!東京ドーム再び!
私が2PMのライブを初めて見たのが東京ドーム。
またドームに立ってほしいと思ってたので、嬉しい限りです。
目に焼き付けたい。

ごあいさつ

気付けばいつも誰かのファンです。
10代の頃から、アラフィフである今に至るまで。

唐突ですが、私のファン遍歴。

ローリングストーン
はじめてファンクラブってものに入ったのが、ストーンズです。
今も日本に来たらライブに行ってみたりします。

本田恭章
顔がキレイというより、ロックかっけー!的な部分で好きだったと思うんだけど、ソロからバンドになったあたりで脱落。
ヤスアキ、今どうしてるんだろう?と調べたら、今もライブ活動してました!

ユニコーン
音楽のカッコよさ、歌詞の面白さ、ライブの楽しさ…私にとってユニコーン、そして奥田民生の影響というのははかりしれない。

SMAP
ここからジャニーズ界にズブズブとハマっていく。
森くんファンだったので、森くんが抜けたあたりで脱落。

KinKi Kids
私にとってのアイドルとは堂本光一である!
光一さんのアイドル道が好きすぎる。
つよも可愛いけどね。

TRICERATOPS
ここからバンドブームへ。
唱くん、ご結婚おめでとうございます!

タッキー&翼
KAT-TUN
News
私のジャニーズ黄金期。

F4(台湾のドラマ「流星花園」から生まれたユニット)
台湾エンタメだけじゃなく、台湾が大好きになりました。

テニミュおよびミュキャス
テニミュはセカンドシーズンをもって無事卒業しましたが、ミュキャスの動向は気になります。
せっかく桐山漣くんが出てるのに、SHINeeの「君のせいで」のMVの出来がアレなのはツラい。

東方神起
はい!やっと来ました!
ここからK-POP界進出です。
今の推しグループはSeventeenです!


と、ざっくり振り返ってみましたが、節操ないっていうかなんていうか。

さて、今一番時間とお金を注いでるのがK-POPです。
でも、そろそろ終わりにしようと思います。

アラフォーの頃、「ヤバい!40になろうというのにジャニーズにキャーキャーしてるなんて!」と思ってましたが、10年後、50になろうというのにK-POPにキャーキャーしてるとは思ってもみませんでした。
何歳になっても、誰かのファンでいることはちっとも悪いことじゃないけど、私はもう足を洗いたい。
このままじゃアラカンでまた同じことを思う(笑)

なぜ終わらせたいのかは追々触れるとして(たいした理由でもなければ、重要でもない)、ここ1年くらい、終わらせたいけど終わらせたくないみたいなモヤモヤした気持ちを抱えてきたけど、ここにきて「終わらせる!」と決めたら、残りの時間を悔いなく楽しみたいと思うようになりました。
せっかくなので、そんなあれこれを記録しておきたいと思ってます。